ブーゲンビリア 写真素材

| コメント(0) | トラックバック(1)

ベトナムで撮影したブーゲンビリア

ブーゲンビリア (Bougainvillaea) は、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木である。

原産地は、中央アメリカ・南アメリカの熱帯雨林。ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の陸軍士官ブガンビル(L.A.de.Bougainville)に由来する。花の色は赤から白まで変化に富み、ピンク、マゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな三つの白い部分である(写真では2つしか見えない)。色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。

俗に魂の花とも呼ばれている。

代表的な種として、Bougainvillea buttiana、Bougainvillea glabra、Bougainvillea peruviana、Bougainvillea spectabilis がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://maturika.sblog.jp/mt/mt-tb.cgi/400

花占いと言えば「スキ、キライ、スキ・・」と花びらを一枚一枚ちぎって行くものが代表的ですが、366日の花占いもあるんです。 続きを読む

コメントする


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ
にほんブログ村
茉莉花
お花&季節素材無料リンク集

このブログ記事について

このページは、maturikaが2007年3月 8日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白木蓮 ハクモクレン 満開 写真」です。

次のブログ記事は「サンシュユ 写真素材」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261
newsing it!