2006年10月アーカイブ

草月流 

| コメント(0) | トラックバック(0)

そうげつりゅう さうげつりう 【草月流】

現代華道の一流派。1927年(昭和2)、勅使河原(てしがわら)蒼風の創始。形式と規範を脱し、個性を尊重して、造形的な生け花創造をめざす。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

どこまで対応できるかわかりませんが、この花のこんなイラストがほしい!! なんていうのがあったらコメント残してくださいね。

気長に待っててください。m(_ _)m

彼岸花

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒガンバナ(彼岸花)は単子葉植物綱ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。学名 Lycoris radiata(Herb). 種小名 radiata は「放射状」の意、散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には中国から伝来した帰化植物と考えられる。道端などに群生し、9月中旬に列をなして赤い花をつける。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50センチの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後長さ30~50センチの線形の細い葉をロゼッタ型に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。球根。

また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。

鱗茎にアルカロイド(リコリン)を含む有毒植物であるが、この毒は水にさらして抜くことが可能であり、澱粉に富むため、古くは救飢植物として食用とされた。このため田畑の畝に植えられることがある。

また、鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬名であり利尿や去痰作用があるが、有毒であるので素人が民間療法として利用するのは危険である。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ
にほんブログ村
茉莉花
お花&季節素材無料リンク集

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261